年会費無料で様々な特典が

受け取れると話題のイオンカード。

 

イオンカードには通常のカードの他に

通常カードのサービスにプラスして

様々な特典が得られるゴールドカードがあります。

 

イオンカードをゴールドにするには

どのような条件がるのでしょう?

 

調べてみました!

 



 

イオンカードをゴールドにする条件は?

 

イオンゴールドカードとは通常のカードとは

違って自分からも申し込みはできません。

 

イオンゴールドカードの取得には

インビテーション制度(紹介制度)が採用されています。

 

まず以下どれかのカードを申し込んで

インビテーションを待ちましょう。

 

・イオンカード

 

・イオンカード(WAON一体型)

 

・イオンカードセレクト

 

 

直近年間カードショッピング100万円以上

 

イオンカードの公式サイトには

「直近年間カードショッピング100万円以上の方に

発行しております。」と記載されています。

 

年間100万円以上カードショッピングをすると

確実にインビテーションが来るようです。

 

公式サイトには記載されていませんが、

以下の条件でインビテーションされることが多いようです。

 

■カード入会からのカード利用金額累計が500万円以上

 

■年間のカード利用件数が120件以上、かつ利用金額80万円以上

 

■イオングループのみの利用が直近1年間で60万円以上

 

イオンカードセレクトの方はイオン銀行の口座も

同時に開設されるので銀行関連での条件達成でも

インビテーションされることがあります。

 

イオン銀行の住宅ローンを利用

 

■定期預金残高が500万円以上

 

■投資信託残高が100万円以上

 

■個人年金保険を契約

 

イオン銀行の公式サイトに

イオン銀行の住宅ローンを利用すると

確実にインビテーションが来ると記載されています。

 

なので、

上記の中で確実にインビテーションが来るのは

「直近のカード利用が100万円以上」

「イオン銀行の住宅ローンを利用」です。

 

その他の条件もネット上では

かなり信憑性の高いものとして扱われていました。

 

 

イオンカードゴールドを取得する為の最短ルート

 

ゴールドカードを取得するためには

イオンカードを使いながら年月をかけて

条件をクリアしていくのが確実ですが、

どうしても早く取得したい!という方におすすめなのは、

 

■定期貯金残高が500万円以上

 

です。

 

条件クリアは厳しそうですが、

家のお金を全てかき集めて年間定期貯金に入金します。

 

いざとなれば解約もできるので

とにかく500万円以上集めてください。

 

マイページの右下に

「各種カード切替・追加申込み」があるのですが、

ゴールドカードの発行が可能になると

ここをクリックすると切り替え画面が出て来ます。

 

「イオンゴールドカードセレクトのお申込み」

というのが出たらそのまま申し込んでください。

 

この方法だと2カ月かからず

ゴールドカードにすることができます。

 

マイページでゴールドカードの発行が可能か

確認しなくても郵送でインビテーションの

はがきが届きます。

 

 

イオンゴールドカードのメリット

 

■年間費無料

 

■イオンラウンジ利用

 

■羽田空港ラウンジの利用

 

■海外旅行傷害保険(最高3,000万円)

 

■国内旅行傷害保険(最高3,000万円)

 

■ショッピングセーフティー保険

 

■割引券が届く

 

■家族カードもゴールドになる

 

条件などによって変わりますが

以上のことがゴールドカードの追加特典としてついてきます。

 

 

まとめ

 

まとめますとこのようになります。

 

 

・イオンゴールドカードにするには

まずイオンカードの所持が必要。

 

・イオンゴールドカードは申し込みを

受け付けておらず紹介制。

 

・イオンゴールドカードの

インビテーションの条件は

「直近年間カードショッピング100万円以上」と

「定期貯金500万円以上」。

 

・このうち「定期貯金500万円以上」だと

最短ルートでカードを所持できる。

 

 

↓  ↓  ↓

イオンカードセレクト